読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの頃と今のシルエット

先日我が軍がデビューする前、関西ジャニーズJr.だった頃より歌われていた神曲「シルエット」のMVが公開された。未音源だったこの曲が何故選ばれることになったのか、知らない人はいないと思うが一応記しておこう。

2016年1月~4月に行われた「ジャニーズWEST CONCERT TOUR 2016 ラッキィィィィィィィ7」のゲームコーナーにて決定した企画“ファンの皆様が選ぶCD未発表曲をシングルのカップリングに収録”により、ツアー終了後におこなったファン投票で、見事1位に選ばれ収録されました。

この企画により、候補曲「シルエット」「鼓動」「オンリーロンリー」「Long story」「DA-RE-YA-NEN!!??」の中から、長い間関西ジャニーズJr.内で受け継がれて来たこの曲が今回音源化される事になったのである。

投票サイトが開設されるとTwitterのTLには、未音源は未音源のままで良い勢と未音源を音源化してほしい勢との賛否両論が並んだ。その中でわたしは、前者であった。未音源は未音源だからこその「価値」がそこにある。それに、あの時代、あのステージで生きて来たのが彼らだけではなかったことを忘れないでほしいし忘れてはいけないからこそ、関西ジャニーズJr.の曲として後世に繋いでいってほしかった。しかし、ファン投票1位を獲得し、選ばれたということはファンの総意は、未音源化を音源化してほしい後者であったということだ。

そして、2016年7月27日発売のシングル「人生は素晴らしい」初回B盤に収録されることとなった。これに先駆け、MVが公開されたのである。MVを見た感想としては、自分の中で想像していたシルエットのMVとは全くの別物だったと言うのが正直な感想である。

2人歩く帰り道 嬉しそうに君が笑うから
『ちょっと待って』と、その場面をカメラで切り取った
まだ言えなくて残っている この気持ち届けなきゃ
大切なことは君がいること

街の灯りが照らす僕らのシルエット
長く伸びるふたつの影
何気ない事が 幸せだと 君がふと つぶやいたんだ

もしも君が涙し、辛い時は 僕が君の為に笑おう
今は声にせず その手を握るよ そばにいて

君と見る新しい景色(あす)を見つけに行こう
いつもより ちょっとだけでいい 遠回りしよう

街の灯りが照らす僕らのシルエット
長く伸びるふたつの影
何気ない事が 幸せだと 僕はふと 気が付いたんだ

もしも君が涙し、辛い時は 僕が君の為に笑おう
今は声にせず その手を握るよ そばにいて

この歌詞から連想すると、わたしの想像していたシルエットMVは、「夕景」「夏」「制服」の三拍子が入っていた。儚さや尊さを表現するならこうだと思っていた。それは、やはり自分の中で、あの頃のままでこの曲が止まっているからなのではないかと思っている。しかし、この条件は我が軍の年齢も踏まえ現実的に考えると厳しくもあり、今回のMVがあのような構成になった理由が分からなくもない。

さて、ここまでシルエットに対して否定的な意見を書いてきたが、この曲が音源化され「関西ジャニーズJr.のシルエット」ではなく「ジャニーズWESTのシルエット」として発売されることには、勿論抗うことは出来ない。むしろ、この曲が、10年後、20年後、この先もずっと歌い続けてもらえるように、我が軍がこれからもっと輝き続けてくれるように、願うことこそが重要なのではないかと思う。そしてなにより、10周年、20周年を迎えた我が軍がこの曲をどんな思いで、どんな歌声で、どんな表情で、どんな大舞台で、歌ってくれる「いつの日か」を夢に見るという楽しみが出来た。

 

【早期購入特典あり】人生は素晴らしい【初回盤A】(DVD付)(ポストカードA付)

【早期購入特典あり】人生は素晴らしい【初回盤B】(DVD付)(ポストカードB付)

【早期購入特典あり】人生は素晴らしい(ポストカードC付)